ブログトップ

京都嵐山 着物レンタル&着付け「遊月」

遊月の原点に戻る決意・・・このお着物との出会い。

昨年暮れからずっとブログの更新が出来ていませんでした。
忙しくて・・・まあそれもありますが、何か落ち着きがなくなってインスタグラムだけになってました。

遊月を始めて16年・・・早いものです。
追われながら、バタバタしながらの16年でした。
でも歳は重ねて腰も痛いやら目も老眼に、なんてことになってる今日この頃です。

これからの遊月の向かう方向をじっくり考えていました。
さあこれから10年先まで今のままでいいのか?と自問自答しながらの年末でした。

そしてお着物のこと、自分のこと、お着付けのこといろいろ考えていたときに、
素晴らしいお着物にであうことになりました。


昭和の初期のころの花嫁衣裳でしょう。

f0173908_14242832.jpg
f0173908_14250341.jpg
花鳥風月の素晴らしい柄に圧倒されます。
部分のアップもどうぞご覧ください。

f0173908_14290611.jpg
f0173908_14292391.jpg
f0173908_14295325.jpg
f0173908_14302767.jpg
このような素晴らしいお着物を今の時代に見せていただけることのありがたさ。
伝統、文化であるお着物をお着付けさせていただくことのありがたさ。
このお着物を通して曇っていた視界が開けたように思いました。
私が向かう方向が決まったように思います。
これで吹っ切れました。

いま、遊月に保管しているお着物はすべて昭和のものです。
そのお着物をブログを通してご覧いただくことが私の役割かなと思います。

そして、今年からお客様のお着付けは1日に2組様とさせていただこうと思います。
お客様とのんびり、ゆったり、楽しく、お着物のお時間にさせていただきたいと思いました。
お客様とお着物との大切なお時間をもっとゆっくりしていただきたいと思います。
コーディネートも楽しいですし。

そんなことで1月31日になりましたが、
気持も新たに、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

ゆったりとお茶の時間とか、出来たらいいなあ・・・とも考えています。
お着物は本当に楽しくてお出かけも優雅ですので、お一人でも多くの方に味わっていただきたいです。


先ほどの花嫁衣裳は、今後は振袖として着ていただけたらうれしいですね。
こんな感じになります。
f0173908_14441788.jpg
f0173908_14443676.jpg
f0173908_14445611.jpg
f0173908_14451389.jpg
f0173908_14453131.jpg
芸術作品のお着物です。
その時代の職人さんに恥ずかしくないようにしっかりとお着付けさせていただきます。






by you_duki | 2019-01-31 14:49 | 遊月からのお知らせ