最初にお目にかかったのは、遊月があるこの美術館の、
オープンの頃・・・春・・・新学期の頃でしたね。

今もよく覚えています。
グループで来られました。

それからのお付き合いですから、8年ほどでしょうか。
すっかり素敵なお嬢様になられました。

お着物、浴衣も何度か着付けさせていただきました。

今回は、それは、それは見事な・・・昭和初期の頃の振袖を着られました。
はあ・・・すごい・・・ため息をつきながら着付けをせていただきました。

アンティークのお着物もお嬢様の雰囲気によくあって、
きりっと着こなしてくださいました。
よくお似合いです。本当に。

これからもお体に気をつけてご自分の目指す道にお進みください。

手前にチラッと写ってしまいましたのは、
よろこんで表に出てきた松くんです。

f0173908_13552149.jpgf0173908_1356039.jpgf0173908_13563985.jpg

by you_duki | 2011-04-06 13:59 | アンティークきもの | Comments(2)

ようやくブログに登場の・・・こっちゃん。
どこかで見たような?・・・と思っておられる方も多いことでしょう。
そうです。遊月のホームページの、きもので歩く京都・・・、
きものショートストーリーに登場してもらっている女の子です。

愛称・・・こっちゃん。
こっちゃんの卒業式なんです。
お気に入りはアンティーク・・・時代物の振袖を見つけてこられました。
帯は丸帯、しごきも揃えて、昔の花嫁さんのイメージですね。
古風で、華やかで、優雅です。
こっちゃんと色々相談しながら帯は蝶々の羽のように・・・シンプルですが、
柄が豪華で素敵です。
見事にアンティークを着こなして、よくお似合いですよ。本当に。

小学生の時から見ているだけに、もうこんなお着物を着て卒業式に・・・と思って、
感慨にひたりながら着付けをさせていただきました。

ヘアースタイルはこのあとに美容院に行かれてからです。
どんな出来上がりか楽しみですが、残念・・・見られないのです。

f0173908_1692557.jpgf0173908_16102249.jpgf0173908_1611093.jpgf0173908_16113420.jpg

by you_duki | 2010-03-10 16:12 | アンティークきもの | Comments(3)