黒地の、お着物。   

2008年 09月 28日

「遊月」では、黒地のお着物が結構目立ちます。
それは私の個人的な好みからでしょうか?モノトーンが好きなんです。
帯、小物でいろいろ工夫ができます。
10月までもう少しです。急に秋が近くに感じられます。うれしいですね。
シックなお着物も秋になると雰囲気がでます。
これから、黒地やダークな色もどんどんご紹介いたします。


f0173908_16392010.jpgf0173908_16403022.jpg

f0173908_16422070.jpgf0173908_16432717.jpg

by you_duki | 2008-09-28 16:51 | おすすめの着物 | Comments(6)

Commented by you_duki at 2008-09-28 17:04
お着物の説明を少し・・・。
上の蝶の柄のお着物は、紬風に見えます、ウールです。
黒とグレーが細かく混じったような・・・生地です。
蝶の柄の配置も大胆ですが、着映えがします。
下のお着物は、ダークグリーンに近い黒で、絹です。
小さなモザイク模様がかわいいです。
帯は、絞りの華やかな色です。
芸術の秋です。ギャラリーへお出かけ、そしてランチは、
いかがでしょうか?
Commented by cross at 2008-10-02 18:34 x
質問です。
しばらく付け帯ばかりを使っていたのですが、季節もかわり
帯を締めようと、昨日挑戦したのですがなかなか写真のようにシャキーンと決まりません。
帯を締めるときのポイントを少し伝授していただけないでしょうか。
よろしくおねがいします。
Commented by you_duki at 2008-10-02 19:53
cross 様
ご質問をいただいて、ドキッ、としています・・・。
伝授して・・・というお言葉にまたドキッ、です。
実際に見ながらということが出来ませんので、うまくお伝え
出来るかどうか心配ですが、私がいつも心がけていますこと、
などをお伝えいたします。
(1)、帯を巻くとき、ひと巻き目で一回、ふた巻き目で一回、
    しっかり締めます。
(2)、手先、たれを結ぶ、交差する、手先を下げてたれを、
    折り上げる、などいろいろご自分のお好きな方法で、
    ふた巻き目が出来ました。
(3)、その位置がずれないように、ゆるまないように、仮紐で、
    結んでおきます。
    *ポイント・・・仮紐だからといってゆるく結ぶと、
            次の動作をしているうちに、帯がゆるんで、
            きます。しっかり結びます。
  ながくなります。次に続きます。



Commented by you_duki at 2008-10-02 20:12
(4)、お太鼓のやまになるところに、帯枕をあて、背中に当て、
    前で結びますが、このときもしっかり結ばないとお太鼓が、
    安定しません。
(5)、お太鼓の形を作って帯の下線あたりで、仮紐をします。
    この紐もしっかりです。
(6)、帯締めをしめます。最後のいっぽんですが、この一本、
    とても大事です。帯締め・・・と言うくらいです。
    しっかり、しっかり締めておかないと、帯が緩んだり、
    ずれたりします。
    最後に、静かに仮紐を2本をぬきます。

いかがでしょうか? 私がポイントだと思うのは、「仮紐」です。
仮紐が、しっかり結んであると帯を結ぶのに動いても、
緩まないように思います。
このような感じですが、いかがでしょうか?
Commented by cross at 2008-10-03 08:38 x
ありがとうございます。
たくさん書いていただき、恐縮です。「仮紐」が重要なポイントなんですね。私の場合(5)が欠けていました。また今度お伺いした時に教えてもらってもいいですか?
Commented by you_duki at 2008-10-03 09:59
cross 様
お役に立ちそうですか? 「仮紐」使い・・・。
一度試してみてください。
来られましたとき実際に帯を締めてみましょうか。
シャキーンと締められると気持ちが良いですし、
うれしくなりますよね。



<< 猫の、お昼寝。 今朝の朝焼けと、渡月橋。 >>