暑さ寒さも彼岸まで・・・?   

2008年 09月 23日

暑さ寒さも彼岸まで。
今朝は、そのとおりでした。寒いくらいでした。
昨日は、美術館の休館日でしたので夏物のお着物、浴衣を片付けて、
10月からのお着物を出しました。
今日ご予約のお客さまは、もう袷(あわせといって、裏地がついています。)を、
着ていただいてもいいかなと、思っていました。
ところが、だんだんお天気もよくなってきて、温度も上がってきて、
すっかり夏の陽気です。
お二人さんもなるべく薄い生地の・・・夏?らしいものを選ばれました。
帯、小物を選ぶのもとても慣れておられて、お着物がとてもお好きなようです。
お一人の方は、着物が好きだから着付けを習いたいです。と、おっしゃってました。
うれしいですね、お着物好きの方が増えるということは・・・。
良いお天気のもと、嵐山をゆっくり楽しまれたご様子・・・。
私も楽しませていただきました。

f0173908_2104521.jpgf0173908_2114256.jpg

by you_duki | 2008-09-23 21:02 | 遊月のお客様 | Comments(5)

Commented by you_duki at 2008-09-24 14:33
いつも着付けをさせていただいてお襟が思い通りに、ピタッと、
決まりますと、とてもうれしくなります。ピンク色のお着物の方は、
わかりずらいのですが、お二人ともバッチリでした、右の濃い、
お着物の方はアンティックのお着物ですので、長襦袢のお襟を、
少し詰めぎみに、そして半襟を多い目に出したい・・・、
というのが「遊月」ふうです。
そして、「おはしょり」、帯の下の折り返しの部分ですが、レンタル
ですとお着物の丈が短いこともあり、充分とれないこともあります。
アンティック物も、短いことが多いようです。
そしてお襟と同じく気をつけるところが、「着丈」、です。
お草履を履いて立った時のお着物の丈ですね、これも、とても
大切だと思います。左の方は丁度いいと思いますが、
右の方は着丈が短いところを、おはしょりも出したかったので、
お断りしましたが、着丈が短くなりました。外出着ですから、
よかったのですが、礼装のお着物では、短すぎます。
お客様がお越しになって、素敵なお着物姿に変身して、
いただけますように一生懸命にお着付けさせていただきます。
Commented by jocky at 2008-09-24 16:43 x
着付けにはいろいろなポイントがあるのですね。
奥深さを感じます。
でも、お二人ともいい雰囲気でスバラシイ !
Commented by you_duki at 2008-09-24 19:21
はい、お二人共やわらかい雰囲気で、それでいて、小物は、
帯とは反対色にされたり、とても着慣れておられました。
私も勉強になりました。
お二人共、全体の雰囲気がとっても素敵ですね。
Commented by ポンジュース at 2008-09-29 22:34 x
 先日は、お世話になり有難うございました。今回は遊月さんにて、実際に着物選びから、帯、帯揚げ、帯締めまで選ぶ過程が楽しく、また着付けもとても綺麗にしていただき、大変参考になりました。今までは、着物に興味があっても、家で本や雑誌を眺めているだけだったので。。
 また普段着の着物で、街を散策するのも初めで、嵐山での1日を満喫できました。
 ちょっとしたお出かけに、自分でもさっと着物を着られるようになりたいと、再認識した1日でもありました。京都に出掛ける際には、また遊月さんを利用させていただきたいので、よろしくお願いします!
Commented by you_duki at 2008-09-30 06:08
ポンジュース 様
こちらこそ楽しいお時間をご一緒させていただきまして、
ありがとうございました。
お着物で嵐山を散策されてその楽しさを実際に感じられたの、
ですね。私も本当にうれしいです。
本、雑誌の世界から、一歩踏み出されたのですね。
そのお手伝いをさせていただきまして、私も幸せです。
お二人共、とてもよくお似合いでしたね。
これからも嵐山の散策にはいろいろなお着物にチャレンジして、
お楽しみくださいませ。
またのお越しをお待ちいたしております

<< 控えめな朝焼け。 秋晴れになりました。 >>