きものと私・・・お勤め編   

2008年 08月 30日

実は私、高校を卒業して室町の呉服屋さんに7年、
お勤めしていました。
今みたいに着付けではなくて、白生地屋さん、染め屋さん、問屋さん、
が出入りされているところで走りまわっていました。
お着物は、好きでしたがそれよりも「お仕事」、
ととらえる方がおおきかったです。 ですから、
お着物を着たいと思う気持ちはあまりありませんでした。
今から思うともったいない話です。
山ほどお着物があったのに・・・

いま、お着物の生地、柄、染めなど、
詳しくわからなくても、そのころの知識が、ずいぶん
役にたっています。
格好よく言えば、目が養われた・・・とでも、いいましょうか。
良い勉強になっています。

最近その近所にいきましたが・・・
おもかげを探すのに苦労したほどです。
あの頃の町並みは、よかったです。町屋もたくさんありました・・・

by you_duki | 2008-08-30 21:03 | 着物の想い出 | Comments(0)

<< 橋、二つ。 松くんお得意のポーズ (2) >>