お三人さん、それぞれ

朝から涼しくて秋の気配も」感じます。
お三人さん、浴衣にしようかお着物にしようか・・・
お着物にきまりました。
みなさまの個性それぞれに、とてもよくお似合いですね。
お着物は本当に不思議です。
お着物、帯、帯揚げ、帯締め全く同じ合わせ方はまず
ありません。 ですから、私もとても楽しく勉強になります。

お三人さんが戻ってこられる前に今年初めての「赤とんぼ」
が家の前を飛んでいました。       ・・・秋ですね。
f0173908_636775.jpg
f0173908_637591.jpg

Commented by jocky at 2008-08-18 08:16 x
いやほんとに !
>全く同じ合わせ方はまずありません。
その通りなんですね。
このブログに掲載されている皆様を拝見しても
その事がよくわかります。実感です。
また、わかる自分もちょっとウレシイ気持ち。
こうして、皆様の装いを拝見して自分の目が美しさや形を覚え、
感性が膨らんでくるのでしょうね。
遊月さん "Blog Fun" の jocky でした。
Commented by you_duki at 2008-08-18 09:27
jocky さん
いつもご覧になってくださってありがとうございます。また、
ブログのファンになってくださっているということで
なんとうれしいことでしょうか。
大好きなお着物を通して、ご縁があってホームページ、
ブログを制作していただきそしてお着物を着たい
とおもって下さるお客さまとご一緒に楽しい時間を
過ごさせていただいているのですから
これほど幸せなことはありません。
本当にありがとうございます。
これからも、楽しさをお伝えしてゆきます。
どうぞよろしくお願いいたします。
Commented by you_duki at 2008-08-19 16:27
お三人さんが戻られた時に通られたワンちゃんを連れた
おばあちゃま、後でお会いしたときのお言葉
「きれいにお着物着やはって、べっぴんさんどしたなあ」
いいですね~。なんてやさしくてきれいなお言葉でしょうか。
おばあちゃまも見ていてうれしくなったそうです。
お着物は見ているひとまで幸せにするようです。
観光客の人達(特に海外からの方)もよく
写真を撮られるようです。
やっぱりお着物はすごい・・・です!
Commented by jocky_その1 at 2008-08-20 05:25 x
確かに ! ワタシもすれ違いざまに振り返ってしまうことすらあります。
なんでだろう・・・
いろいろな着物の絵柄や構図、そして色使いがありますが
まずはあれだけ大胆な、また繊細な絵柄を
上下の区別無く通しで表現するお召しものはなかなかありません。
そしてテレビ番組等で得た知識ですが、その「絵柄」や「構図」や「色」には
それぞれの歴史がある。つまり流行の先端を突っ走って来た訳です。
お召しになる時に少しでもそれ「突っ走ってきた歴史:をご認識されると
また、違った魅力がお召しになった方の内面から出てくるような感もあります。
でも、忘れてならないのはその「形」。
どのお召しものでも共通していますが、「着こなし」は大切です。
最近、十代の娘さんの浴衣姿をよく目にするようになりました。
それは、それで楽しく拝見させて頂いていますが、
残念なのはその「着こなし」。
「着崩れ」もあるのでしょうが、「形」がありません。
また、あまりに「廉価」なものは生地自体に形状記憶能力「ゼロ」なので
こればかりは如何ともし難い・・・せっかくお似合いなのにちょっと残念に思う事もあります。
今日は長文になりそうです・・・
Commented by jocky_その2 at 2008-08-20 05:26 x
今、オリンピック真っ最中ですが入場行進の時に残念だったのがその「衣装」。
各国それぞれのお国柄を反映して様々な「民族衣装」を拝見する事が出来ましたが、
我が「日本」は・・・いつか、「着物」での入場を期待してしまいます。
凄い迫力だろうなぁ〜。ワタシだった男子は武者袴。
う〜〜ん想像するだけで身震いしますし、強そうです。
女子は・・・知識に乏しいのでもっと想像します。
Commented by jocky_その3 at 2008-08-20 05:27 x
水泳でも「speed社製の水着問題」が、ありましたが
イギリスの水着デザインは日本人。コムデギャルソンの川久保玲さんですが、
そのデザインは毛筆書体の「心」という文字。
ワタシには、そのモチーフは「着物」にあると感じました。
ご本人様に伺ってみないとわかりませんが、
あの構図やバランスはまさに「着物デザイン」に見受けられます。
お召し物は歴史の流れとともに歩みます。
着物は一時的なブームとは別に今でも一つの「流行」です。
それを、想像し伝える文化の一端を担っていらっしゃるのも「遊月」さんのお仕事なんだな。
って思いました。
おっと、帯や小物たちとのコーディネイトも大切ですが、
長くなったのでまたにします。
・・・ホントいうともっと勉強しないと語れませんネ。
失礼いたしました。
遊月さん "Blog Fun" の jocky でした。
Commented by you_duki at 2008-08-20 20:54
・・・想像し伝える文化の一端を担って・・・本当、そのとおりだと、
思っています。お着物の歴史を詳しく勉強したことはないのですが、
時代の流れの中でお着物を伝えていく、橋渡しができれば、
とおもいます。 
お着物を着たい人とお着物・・・点と点を線で結ぶ・・・
そのような役割でしょうか。
ふと振り返ってもう一度見たくなるような、
そんな「着こなし」、「着姿」、にお着付けが出来るように、
と思っています。
お着物をあまり着ないという方も多いので、よい「着こなし」
がお戻りの時まで保てるようにお着付けにも、気をつけて、
それでいて苦しくないように・・・
楽しかった、またお着物が着たいわ・・・と思っていただけたら
それがなによりです。
いつもドキドキです。楽しいのと緊張するのとで。
どのようなお着物を選んでくださるかとてもたのしみです。







Commented by Lucy at 2008-08-22 23:27 x
こんにちは。
先日はお世話になりました。
着物から小物選びまで、全部楽しかったです!
着付け以外でもとても良くしていただいて、本当に良い一日になりました☆
3人とも大満足です。。
ありがとうございました。


Commented by サイトウジョウイチ at 2008-08-23 05:54 x
遊月さんブログ・スタッフのサイトウです。
>Lucyさま
みなさまホントにお似合いです。
きっとすれ違ったら振り返ってしまうと思います。
いや、後追いしないよう要注意です(笑)。
もちろん初めて拝見するみなさまですが、
みなさまそれぞれの個性や魅力を(勝手に)感じさせて頂いております。
なによりも、「楽しまれたお気持ち」が「着姿」にも現れるのでしょうね。
拝見しているワタシまで楽しくなってきます。ありがとうございました。
Commented by you_duki at 2008-08-23 05:59
lucy さま
こちらこそありがとうございました。
大満足です。とは、本当に良かったです。
そのように言っていただいて私も幸せです。
夏物のお着物で暑かったかとおもいますが、
お三人さんとても良くお似合いですてきでした。
ご近所の、おばあちゃまもそう言っておられましたよ。
また、お気軽にお越しくださいませ。
by you_duki | 2008-08-18 06:37 | 遊月のお客様 | Comments(10)